HP「東江戸川工廠」のブログです。

2008年12月30日

有明。2009、冬。

行って参りました。

お待ちかね、35歳未満は相手にしない「戦場まんガンダムシリーズ」の新刊、26号が出ました。

今回、遂に「鉄の龍騎兵」。
いつ出るんだろうと台北亭さんと期待してたんですけど、とうとう出ましたよ。
メインのネタは予想通りでしたが、ジュアッグが想像を超えていました。うーん、予想が甘かった(笑)
ザメルかゾックかなぁと思ってたのに、もっと渋いというか笑える方に転ばしてきたw
何でもいいですが、サンドバギーがこれだけ格好良く描かれているのはこれが初めてです。
いや、素晴らしい。

ちなみに売り切れて久しい1〜4巻を1冊にまとめた総集編が発売されています。
この機会にぜひどうぞ。
つーか、カバーっぽい装丁が何ともこう。。。折り返しまで印刷されてるし。。。(^^;

えー。。。冬の報告はこれくらいです(笑)
私、これ買いに行ってるようなもんだからさぁ♪
posted by じゃむ猫 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2008年12月28日

今年も残すところ3日

今年は今までで一番忙しかった一年でした。
体調を崩すにまで至りまして、自分ではもう少し頑丈だと思ったんだけど、トシですかねぇ(笑)
年末になって多忙さから脱しまして、ようやく仕事以外のことにも気が向くようになりました。
そこへこの不景気。。。ここ数年景気拡大と言いつつもその恩恵に預かれない立場でしたから、一層冷え込んだというのが実感です。
ヤレヤレって感じですわ。
クビの経験はあります(苦笑)が、今回は幸いまだクビになってないので、取り敢えずこの惨状から目を背けるように本を読んだりして過ごしています。

最近興味の対象がWW2から遡ってWW1とか日露あたりまで遡っていて、しかも戦記じゃなくて平時になっています。
で、光人社NF文庫「情報将軍明石元二郎」と光人社「史話・軍艦余録」が店頭になくてちょっと困ってます。
あと読みたいのは日本経済評論社の本。高い上に絶版だもんなぁ。
NF文庫は何とかなるだろうけど、紀脩一郎の方がなぁ。。。古本屋って店頭に並んでる時は特に興味を引かないのに、欲しいとなったら見当たらないんだもんな(笑)
日本経済評論社本の方は、まぁぼちぼちと。これは諦めて図書館で借りるかな。

NF文庫と言えば、土井全二郎さんの「戦時船員たちの墓場」が文庫化されました。
今は亡き朝日ソノラマから出ていた「栄光なにするものぞ」の復刊+αです。
。。。いや、実は最近なんですよ。「栄光なにするものぞ」買ったの。待ってりゃ良かった。。。るーるるーorz

で、古本ですが、この前ひょんなことから面白い本を手に入れました。

海兵50期の回顧録みたいな本なのですが、高内和義氏の蔵書だったものです。
いや、表紙にマジックで「何回読んでも面白い 和義記」とか大書してあるんで。。。おかげですごく安かったです。
50期、ちょうど第一線の幹部だった人たちですから、確かに目次見るだけですごいです。
年末にいいプレゼントが来た感じです♪
posted by じゃむ猫 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) |