HP「東江戸川工廠」のブログです。

2009年04月13日

空母決戦・その7:ミッドウェー海戦シナリオ、相手を見失うこと再三。

ミッドウェー海戦。
日本側は南雲艦隊のみが登場します。
シナリオ的にはあまり言うことがありません。
珊瑚海海戦よりも相手が多いので苦戦するなぁというくらいです。

ただちょっと困ったのは、索敵機の運用。
南雲部隊の索敵機には史実通り複数機種があり、それぞれ航続距離が違います。
個人的には一番臭い方位に向けて脚の長い索敵機を送り込みたかったのですが、手動で選択できないので大変困りました。
史実であれば偵察仕様であった九七艦攻の航続距離が標準仕様と同一である(ちなみに私、これに乗った方のお話を伺ったことがあります。。。)とかいう点に特に不満はありません。
とにかく、機種や方位の選択が出来ない点は本気で何とかして欲しいです。
常識的に考えて、こんな脚の短い奴を送るわけねぇじゃんとか思うわけですよ。
史実のミッドウェイだって脚の短い95水偵の担当方位は敵がいなさそうな方位だし。
それに、同じ時間、同じ基地/艦隊からは、1つ方位に1機の索敵機しか送ることが出来ません。
ということはつまり、同じ方位に2隊の敵艦隊が行動しているとなると、必然的にその片方しか見つけられないことになります。
これもなぁ、すぐに想像がつく問題なだけにシステム的に何の対策も打ってないのはどうかという気はします。
だからデザイナーズ・ノートなわけですが、敢えて目をつぶった理由があれば教えて欲しいんですよねぇ。
1線1機が当時は常道だから敢えてそうした、の一言でもいいんですけども。

見つけたら見つけたでまた問題が。
再び問題になりました、触接機。
水偵1機じゃ不安だから、抵抗力のある二式艦偵(このゲームには登場しないけども)を触接機として出す、というのが常道でしょう。
史実でもそうしていますし。
二式艦偵がユニット化されてないならないで、燃料に余裕のある代わりの水偵を出したいとか思うわけですよ。
とにかく接触を失ったら、空母戦は終わりです。
実際、何度か触接機が撃墜されてしまい、代わりの索敵機が到達するまでの間、攻撃隊の発艦すら覚束なくなりました。
また索敵機を拘置できないシステムであるために、艦隊に代わりの索敵機がなく飛行中の索敵機の帰投を待たねばならないという問題にも直面しました。
切羽詰るシナリオであるだけに、このシステムには非常にイライラさせられました。
もはやゲームシステムの欠陥と言い切っても良いとすら感じさせられます。
空母戦を名乗るゲームがシステム上どうすることもできないというのは、如何なものでしょう。
ボードゲームの経験のある世代が作ったとはとても思えないんですけどねぇ。
「大戦略」のようなゲームなら索敵は「味付け」に過ぎないので構わないのですが、ヒストリカル・ゲームでは索敵は必須要素でしょう?

もう1つ。航空隊の再編成の問題。
南雲機動部隊がシナリオ開始時に有する攻撃隊は2個。
ただ、ミッドウェイ基地を空襲すると、航空隊にかなりの被害を受けます。
そこで他の攻撃隊と機体をやり繰りして戦力を平均化しようかと思ったのですが、これがうまくいきません。
航空隊は分隊単位で構成され、航空隊に配属できる分隊数には限りがあります。
分隊は大体9機前後で構成されていて、被害を受けると1機とか2機だけの分隊ができてしまいます。
そこで分隊をまとめて、他の攻撃隊から何分隊か移そうと考えたのですが。。。分隊がまとめられない。
分隊数だけは最大を保っているのに、機数が稼げないので攻撃力は大幅に低下したままになってしまいました。
A攻撃隊、B攻撃隊がそれぞれ15分隊で構成されており、A攻撃隊が被害を受けて全分隊が1機ずつになったと仮定しましょう。
そうするとA攻撃隊は1機×15分隊=15機、B攻撃隊は9機×15分隊=135機。
どんなプレイヤーでも分隊を再編するという発想に行き着くでしょう。
再編さえ出来れば、バランスの取れた攻撃隊にして、2つの目標に備えることも出来るわけですよ。
いや、分隊単位でも戦力の平準化はやってやれないことはないのですが、三つ目の航空隊を作ってそれをテンポラリにしつつやりとりする。。。ってことですよね?
めんどくさい。
是非とも分隊をまとめられるようにして欲しいです。

ミッドウェイ海戦シナリオは3回やってみました。
1回目はミッドウェイ基地が意外に強くて壊滅できず、でも空母が心配なので第二次攻撃を出さずに放っておいたら、ばんばん攻撃隊が来て(以下略)
アベンジャーが意外にしぶとく、直掩機の邀撃にも耐え、対空砲火にも耐えて、しまいには赤城を大破させられました。ショボーン。
そのまま続行したのですが一度ケチがつくと頽勢は止めようがなく、ヨークタウンを仕留めるのが精一杯。最後はエンプラとホーネットのSBD大編隊にやられて、ジ・エンド。
1編隊にSBDが30機以上いると、全く阻止できませんね。
2回目はミッドウェイを一撃で葬ると、慎重に航路を選んで米軍側の索敵をかいくぐり、うまく近寄ってヨークタウン撃沈。
ただエンプラ、ホーネットに対してはミッドウェイ攻撃で戦力が低下した攻撃隊を投入せざるを得なかったため、攻撃力不足でエンプラ大破、ホーネット小破。
第三次攻撃を敢行してようやく止めを刺しましたが、ギリギリ。
一応、大勝利にはなりましたが。。。
3回目もミッドウェイは一撃で沈黙。ただ、米軍索敵機につかまり攻撃隊を回避しようと時間を浪費してしまい、しかもヨークタウンに放った攻撃隊が燃料不足で途中で引き返してきたりと散々。
慎重に事を運びすぎてヨークタウン撃沈が関の山でした。索敵機も撃墜されまくったし。うーん。
ちなみにミッドウェイ海戦シナリオでも大勝利を得ると隠しシナリオがプレイできるようになります。

以上が標準的なシナリオです。
posted by じゃむ猫 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 空母決戦