HP「東江戸川工廠」のブログです。

2008年04月19日

「平賀讓とその時代〜一高生から東大総長へ」展

今春は例年になくイベントづいていまして、先々週の「ベガ」に続き、今日は「平賀讓とその時代〜一高生から東大総長へ」展に行ってみました。
展示の開催期限は5月23日までとまだたっぷりあるのですけど、今日を除いて平日しか開館していないこと、何より今日は大和ミュージアム館長の戸高一成氏の講演があったので(仕事がそれどころじゃないのですが)行ってみました。
ちなみに講演会の参加費はタダ、展示の入館料も取らないので、本日の費用はしめて0円♪
ほんとにいいのかな、タダで。

内容ですが、展示も眼福モノが多かったですし、講演も立ち見が続出するほどの大盛況でした。
展示の方は「平賀遺稿集」を持っている人でも行く価値があると思います。副題が副題ですから、線図だけでなく平賀譲その人にも興味を持って行って欲しいですけども。
内藤初穂著「軍艦総長 平賀譲」を読んで興味を持てた方にちょうど良いかと。
ちなみに講演の客層ですが、なぜか引退組の皆さんがほぼ全てを占めていました。
知り合い曰く、もう一つの講演(日本海事史学会の方によるもの)の「平賀讓と第四艦隊事件」の方が鋲止めと溶接の話題だったので、橋梁や建築の技術者(だった)が集まってきたのではないか、と。
海事や旧海軍に興味のある人も相当いたと思いますが、それにしても髪が黒いのは数える程度で白が9分に黒が1分という割合。
引退組の皆さまには所謂「中の人」がいらっしゃったらしく、質疑応答でその片鱗を見せた老紳士がいらっしゃいました。どの筋の人だったんだろう?

しかしこのお題で若い人がほとんど来なかったのは意外でした。
スタッフを除けば我々が一番若い部類に入っちゃうような状況でしたからね。
それでもあの盛況っぷりだったので、それ以上に人が集まっていたら困ったことになっていたかも知れませんけども。

posted by じゃむ猫 at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
こういうのがあるから帝都住まいはいいよなぁ、、、
Posted by 若い at 2008年04月21日 12:56
秋には呉でも連動企画をやるみたいだよ。
ベガは山梨発だし、東京以外の企画も多いんじゃないかなぁ。
Posted by じゃむ猫 at 2008年04月23日 02:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14221373
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック