HP「東江戸川工廠」のブログです。

2009年04月09日

空母決戦・その2:システムはこんな感じ

その前にこのゲームの基本的なシステムを予備知識として。

このゲームはターン制ではなくリアルタイム制です。
放っておくと5分ずつどんどん進んでいきます。

プレイヤーの立場は日本海軍航空部隊/艦隊の指揮官です。
シナリオ毎に定められた勝利条件を満たすことを目的として行動します。

「空母決戦」ですから、主力は飛行機です。

飛行機は航空隊と索敵機とに大別されます。
索敵機は1機の飛行機から成り、艦隊の捜索と情報の取得に使用できます。
航空隊は1つ以上の分隊から成り、艦隊や基地の護衛、攻撃に使用できます。

飛行機のステータスは、大きく分けて3つ。
待機(発進可能)
整備(機体整備、燃料・機銃弾の補給)
装備(爆弾または魚雷を装備)

索敵機のステータスの遷移は以下のとおり。
待機→行動中(発進)→整備→待機
※索敵機は爆装や雷装することはできませんので、装備というステータスになることはありません。

航空隊のステータスの遷移は以下のとおり。
待機(→装備→待機)→行動中(発進)→整備→待機→装備→待機

空母や基地に収容された飛行機は、まず機体を整備し燃料弾薬の補給を行う必要があります。これには20分を要します。
索敵機や航空隊は待機状態になったら直ちに次の任務の為に発進することができます。
但し、敵艦隊や基地を攻撃に行く場合は、この状態で発進させても爆弾や魚雷を持っておらず意味がないので、装備をする必要があります。

装備の種類には対空装備、対艦装備、対地装備、自衛装備とがあります。
整備から待機になると、自衛装備状態扱いとなります。燃料満タン、機銃弾フル装備状態と思われます。
対艦、対地装備は説明しなくても分かるでしょうが、謎なのは対空装備。
対空装備って自衛装備状態と戦力的には全く変わりがありません。。。ちょっと意味不明です。
装備を行うには、機数や装備にかかわらず一律2時間を要します。
未装備から対艦装備も2時間、対艦装備から対地装備への変換も2時間です。

シナリオ開始時の航空隊のステータスは、対艦または対地装備を完了している場合もありますので、シナリオ開始時に必ず確認して下さい。
なお、対地装備だから対艦攻撃力がゼロというわけではなく、威力は下がりますが多少はあります。その逆も同じです。
魚雷で対地攻撃はできないので、きっと爆装のイメージなんでしょう。

飛行機は夜間には発進できませんが、飛行することや、着陸、着艦することは可能です。攻撃も可能。
日出時間、日没時間はマップによって異なります。

こんな感じで、あとはシナリオの中で説明しましょう。
posted by じゃむ猫 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 空母決戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28352434
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック