HP「東江戸川工廠」のブログです。

2010年05月21日

「第一次世界大戦における海軍と外交」

「第一次世界大戦における海軍と外交」
主催:東京大学戦史研究会
協力:金剛会

開催日:5月29日(土)
場所 :東京大学第83回五月祭にて
     本郷キャンパス・法文1号館3階の文312教室(64席)
時 間:12:30〜16:00 (開 場:12:00)

(1)いぎしちじ
   「日本海軍の地中海派遣と日英外交」
 〜日本海軍は英国の要請に応え地中海に小艦隊を派遣した。
  第二特務艦隊と称された彼らの活動を中心に日本外交への影響を解説する。
   12:40〜13:40

(2)新見 志郎
   「コンスタンチノープルのドイツ軍艦がもたらしたトルコの参戦」
 〜開戦劈頭トルコへ遁入したドイツ艦隊がもたらした歴史の転換点とは
  何だったのか。彼らを敵方へ追いやったイギリスの失敗を探る。
   13:50〜14:50

(3)大塚 好古
   「第一次大戦と米戦艦」
 〜米国は決戦兵力たる戦艦隊の英国への派遣を決した。
  その活動を明らかにすると共にその後の英米関係に及ぼした影響を解説する。
   15:00〜16:00


各演目の時間には質疑応答時間を含みます。
また時間は目安です。

入場無料、入退場自由です。


-----------------------


というわけで、前回は金剛代艦の話を中心にやりましたが、今回は第一次大戦における海軍による外交とでも言うべき三態を紹介することになりました。はい。

海軍と外交というお題ですが、外交はオマケです(きっぱり)
外交は皆さんご存じでしょうが、そのトリガーとなった軍艦の行動はよく知られてないわけで、その辺の知識の補完、もしくは何かのきっかけにでもなればこれ幸いという企画でございます。

演者として迎えるのは、第二特務艦隊とは切っても切れない縁のいぎしさん、最強の持ちネタであるゲーベンとブレスラウの物語で志郎さん、日本語ではたぶん前例が数えるほどしかないのではないかと思われる米第六戦艦戦隊in本国艦隊で大塚さんという豪華な(一部ではw)面子です。

さて、お客さん来るのかしら(笑)
posted by じゃむ猫 at 00:57| Comment(3) | TrackBack(1) | 金剛イベント
この記事へのコメント
今回も無事に散会を迎えることができました。 前回以上に宣伝していなかったのですが満員御礼、一時立ち見と盛況でした。
今回も成功と見て良いかと思います。
参加者の皆さま、東大戦史研の皆さま、講演者の皆さま、一緒に企画運営してくれた裏方の皆さま、どうもありがとうございました。
Posted by じゃむ猫 at 2010年05月30日 12:32
お疲れ様でした!盛況だったとは良かったですね!これからも頑張って下さい。影ながら応援してます!!
Posted by fis at 2010年05月31日 01:01
日の当たらない場所は私の特等席なので、fisさんは日の当たる場所へ行って下さいw
Posted by じゃむ猫 at 2010年05月31日 02:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38377001
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[メモ][船]第2回金剛会講演 「第一次世界大戦における海軍と外交」
Excerpt: 先年、東大で行われた金剛会の第2弾が来週催されるそうです。 金剛会 じゃむ猫館: 「第一次世界大戦における海軍と外交」 演 目:「第一次世界大戦における海軍と外交」 主 催:東京大学戦史研究会 協 ..
Weblog: 恍惚したいモナカ
Tracked: 2010-05-23 17:47